カイロプラクティックについてのサイト。カイロプラクティックを学びたい人へ。
カイロプラクティック・サイト カイロプラクティックの学校

あなたもカイロプラクティック師になれる!

独立・開業手引き

 

カイロプラクティックを学び、実力も経験もついたとき、自分自身の治療院を開業したいと思うでしょう。その時に必要なものを紹介します。

 

店舗物件

一人で開業する場合は、10坪から12坪程度で十分でしょう。
1坪1万円〜1.5万円程度で、敷金・礼金は賃料の12ヶ月分くらいなので、120〜180万円程度必要です。(この数字は都市圏での価格です。)
どの物件を選ぶかでその後の行方が大きく左右されます。十分に調べた上で選ぶことが大切です。

 

内装

約40〜60万円程度かかります。(床や壁、仕切りのためのカーテンの取り付け、カウンター、水廻りなど)
部屋の雰囲気や内観、そして治療しやすいための部屋作りのため内装が必要になります。この内装でお客(患者)の印象も変わりますので、しっかりとしたコンセプトを持つ事が必要です。
また依然借りていた人の内装を使えるところもあり、あまり手を加えなくても良い場合もあります。

 

広告・チラシ・看板

開業当初は広告やチラシが必要でしょう。その地域の人に開業したことを知らせるためにはチラシや広告が有効です。
広告・チラシ・看板代を含めた広告費は50万円程度。
新聞の折込チラシで1万枚撒けば10万円程度。(印刷代で1万枚約5万円から。配布代1枚3円〜4円(地域によって変わります)程度。)
ビルなどに良く見られる突出し看板では10万円〜20万円です。(スタンドタイプなら1万円〜2万円程度であります。)

 

治療用ベット・家具・制服(白衣)・患者用の衣服・備品・名刺

とり快適に治療が出来るためにも、治療用ベットや家具、制服(白衣)、患者用の衣服、備品など必要になります。
治療用ベットは安いものであれば約5万円程度から。ソファーやデスク、白衣など合わせれば約20万円〜40万円です。

 

必要な開業資金は...

その他にも電話料金、光熱費などの運転資金を合わせれば、開業資金は300万〜400万円必要になります。