カイロプラクティックについてのサイト。
カイロプラクティック・サイト カイロプラクティックの学校

カイロプラクティック、整体の本を紹介

野口整体 病むことは力 |金井 省蒼

野口整体 病むことは力野口整体 病むことは力
金井 省蒼
春秋社 刊
発売日 2004-06




活元運動 2005-01-23
 金井先生の整体指導を受けている者です。
 先生の指導ではいつも、じっくり時間をかけて対話し、体を診てもらいながらもその状態について丁寧に説明をしてもらえます。だから、自分の心身についてはよく理解できるのですが、この本ではさらに、金井先生の想いや、他の人の経過を知ることができて、「整体であること」についてより深く理解することができました。 第二章の活元運動については、読みながら「なるほど!」と膝を打つことしばしば。それまでに抱いていた疑問もずいぶん解きほぐされました。90ページに、「(活元運動を)知らなくても、病症を経過するために、痛みや苦しみのなかで自分の心身をきちんと把握できた人は、自然と命への信頼という境地を獲得したでしょう。」とあります。活元運動は特別なことではない、と今は私も断言できます。自分の心と体の内側にじっと目を向けてそれを感じて、体のやりたがっていることをやる、ということを自分に許せばいいのだと思います。あくびをする、くしゃみをする、首をまわす。体の要求に素直に応じて、体に任せる、という感じがします。その素直な心は、みんなちゃんと持っている。体もその力を持っている。ただ、心の「こり」がブレーキをかけてしまう。 金井先生の指導を受けていくことで、私はそのブレーキをはずすことができました。でも、その方法は人それぞれ違うのだろうと思います。ただ、この本を読んで「自分の体への信頼感を取り戻す」ということがわかったら、きっと、方法がみつかると思います。自分の体に信頼がもてるようになれば、ありのままの自分を「これでOK!」と受け入れるということも、自然とできるようになります。 心を、体を、どう捉えていくか、自分に自身がなくなってしまっている人には特におすすめです。 ちなみに・・・予備知識なしで活元会をみるとかなり怪しいです。でも、宗教色はゼロ。私はそこが気に入っています。どの人の体にももともと備わっている力なのだ、ということですね。私は生物学を学ぶ者ですが、科学的な知識に照らしても、納得できるものがたくさんあります。発熱という現象だって活元運動と言って良いと思いますが、風邪ウイルスが引き金とはいえ、免疫細胞が必要に応じてやっていることです。熱が出ることはウイルスを効率よく排除するのに必要なんですから、せっかく反応している体を熱さましで鈍らせるなんてもったいないこと。体ってのは、医学よりもず?っと深く体のことを知っているのです。(考えてみれば当たり前のことでしょ?)

この本がすごい! 2004-12-18
【病む】ことは、『力』、なんと力強いことばだろう。病むことは、治る前の前段階であって、
悪いことではない。マイナスの想い(こころのしこり)を口にしたとき、
初めて、病は、消えて行く。金井さんは、自らの語り口で、
野口整体を自分なりに説いた。この本は、生き方を教えてくれるものだ。何度も読んで、深い智恵を得ることだろう・・・

いま、時代が必要としている本です。 2004-08-15
この本は、整体指導されている金井省蒼先生によって書かれたものです。数名の方々との対話をとおして、読者は野口整体の世界にぐいぐいと引き込まれていきます。金井先生と人々との対話を追っていくと、不思議な驚きがありました。身体と心には関係性があるということは知っていましたが、まさかこんなにも密接に絡んでいたのか、と痛切に感じました。それに伴い病気に対する認識が変わりました。病気とは心のエネルギーでもある、というのはとても興味深い事実です。自分が自分らしく生きられていないと病気が起こる、自分が自分らしく生きていれば病気が起こる「必要」がない。その人が気づくまで病気は起こりつづける。
だから、病気を根本的に治していくにはその人の人生や生活や人間関係や感情などの心の面を観ていかなければならないのかなと私は思いました。身体の「自然性」はその人の人生の「自然性」とつながっているのです。野口整体に縁がある人と無い人がいます。自分の「本当の」人生を生きようと欲するとき、その人は野口整体の扉を叩くのではないかと思いました。日本は、文化の継承を失敗してしまった国だといいます。本来、日本人の身体性や感受性、気の在り方は世界にもまれな精神性高い文化です。それらを取り戻す一つの具体的な手段として野口整体はあると思います。
私はこの「病むことは力」という本がもっともっと多くの方々に読まれればいいな、と思っています。

一気に読んだ感動の本です。熱気があります 2004-07-11
金井省蒼さんの存在はホームページで以前から存知あげていました。
私は金井さんの2年年下。同様に2年あとに(19才の時に)整体協会の
普通会員になりました。野口晴哉先生には、個人指導こそ受けなかったものの、毎月16日に
整体協会本部道場でおこなわれている一般向けの活元運動指導の会や会員向けに20日におこなわれている愉気の会で、何度も至近距離で
指導を受けました。この本での晴哉先生の描写には大いに実感がこもっており、私は
読み進みながら何度もひざを打って(要するに深く納得して)一晩の
うちにひざが痛くなったほどです。また、金井さんが「号泣した」(複数箇所)では、私もつい貰い泣き
してしまいました。晴哉先生は「一陣の風」という形容がありますが、私の実感するところ
では「高速で動きまわる太陽」のような先生でした。とにかく、久しぶりに良書に出会った気分です。ありがとうございました。


さらに詳しい情報はコチラ≫