カイロプラクティックについてのサイト。
カイロプラクティック・サイト カイロプラクティックの学校

カイロプラクティック、整体の本を紹介

整体 楽になる技術 |片山 洋次郎

整体 楽になる技術整体 楽になる技術
片山 洋次郎
筑摩書房 刊
発売日 2001-11




腰痛から整体へ 2003-05-16
 作者は自身の腰痛をきっかけに<整体>に出会い、「野口整体」の思想に触発される。野口整体とは野口晴哉の整体術。それについては『整体入門』(ちくま文庫)が詳しいので私はこの二冊を併読しました。
 私も腰痛で整体に通っているので一気に読んでしまった。 「身体を内側から生きる」ことがよくわかる。身体的に外部から変更を与える「医療技術」に対して身体に内部からの変化を引き出す「整体」の効果を説く。身体が共鳴するという身体コミュニケーション論は心地良い。
 また、腰椎1番から5番のリラックス方法が図示されているので実践してみるといい。

整体師の見た哲学的身体論 2002-04-04
本書は、整体の技術論ではない。「整体の現場から見た哲学的身体論」である。
現実に体に故障がありそれを治そうと思う人が本書を手にしても、治療法について書かれているのはほんの10ページ程度である。では本書のかかれているのは何か。それは、次の2点である。
1)古今東西の哲学者が「身体」をどう捉えているか2)著者の下に来る患者の症状と現代社会が抱えるさまざまな問題点との関連
直近の身体的症状への治療には向かないが、広く大きな意味で現代社会と「身体」をどう捉えた上で生きていくか、を考えるには好適な書だ。


さらに詳しい情報はコチラ≫