カイロプラクティックについてのサイト。
カイロプラクティック・サイト カイロプラクティックの学校

カイロプラクティック、整体の本を紹介

整体入門 |野口 晴哉

整体入門整体入門
野口 晴哉
筑摩書房 刊
発売日 2002-06




本当の体が分かります 2005-02-18
この本が一般書店に出る前から私は、『野口晴哉』という人を知っていましたが、一般にはまったく知れれていない事柄がたくさん載っています。本当の人間の体というものが理解頂けると思います。是非、整体を志す人以外の方達にも、読んでいただきたい1冊です。心と体の関係性、整体的観点からみた、応急手当。家庭に1冊置いて頂いてもいい本です。もちろん、整体を職業としている方にも読んで頂いて、これからの自分に役立てることもいいと思いますし、『野口晴哉』というすばらしい人間に触れてください。

そうだったんだ!なるほど。 2005-02-12
スーパーなどのリラクゼーションと整体は全然違うんですね。
本を読んで、違いが分かりました。
今まで思っていた「整体」の効き目が悪いとがっかりしていたのが見当違いでした。
それからはリラクゼーションと整体を目的によって使い分けることができますし、腕の悪い整体師に通い続けることもなくなりました。
何より、治るのは自分自身ということが理解できました。
この本が長く売れ続けているわけですね。

整体ではなくて整体法。エピソードがいい。 2004-11-11
文庫化されるまでは、手技療法家の間では、知る人ぞ知る幻の名著でありました。ベテランから若いカイロプラクターまで読んだことのある先生は、目からウロコで、まだまだ勉強がたりん!と志を新たにしたものです。エピソードから、ぐいぐい引き込まれるような感じは、シドニィ・シェルダンを思わせるよう。サプリメントや、新しいものに目がいきがちな風潮を原点に戻してくれます。

目から鱗の健康学 2003-12-09
整体ってどんなものかなと読んでみたのですが、
巷にみられる整体とは少し違った印象をうけます。
著者の健康に対する哲学は、新鮮さを感じます。

整体の効用 2003-06-15
野口氏は「社団法人整体協会」創立者。
私は長年、腰痛に悩み整体に通っているが、この本はすばらしい。
脚湯・足湯の仕方、頭の疲れを取る体操については大変参考になった。読後、すぐに実践してみました。
『風邪の効用』との併読を勧めます。


さらに詳しい情報はコチラ≫